バンコク日本人商工会議所の活動内容を記事と写真にて毎週更新しています。

Logo Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
> JP > EN > TH
第7回日系企業就職フェア 出展者募集中
入会案内・申込書
各種変更届
所報 閲覧・ダウンロード
医療共済制度PDFダウンロード
バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

JCC 活動報告一覧

2月度情報通信部会開催
2月度情報通信部会開催
(2018 年 02 月 15 日 )
2月15日、情報通信部会(加原学委員長:NTTコミュニケーションズ・タイランド㈱)は、2月度情報通信部会を開催しました。当日は、デジタル経済促進庁のナッタポン・ニマンパッチャリン長官をお招きし、EECデジタルパークタイランド(EECd)に設立予定のIoT研究開発拠点についてご説明いただきました。また、在タイ日本国大使館やジェトロバンコク事務所の担当者から、タイにおける情報通信関連の情報提供があったほか、2018年度の情報通信部会の活動内容について協議を行いました。
JCCでは、会員企業の人材採用支援の一環として、下記の通り「第7回日系企業就職フェア」を開催します。本就職フェアは、今回で7回目を迎え、タイにおける日系企業就職フェアとして、タイ人求職者に幅広く認知されてきました。現在、多くの優秀な学生や転職希望者との出会いの場である本就職フェアへの出展企業を募集しておりますので、奮ってご出展下さいますよう、ご案内申し上げます。…
第6回工業団地連絡協議会開催
第6回工業団地連絡協議会開催
(2018 年 02 月 13 日 )
2月13日、投資基盤整備委員会工業団地連絡協議会担当(佐藤公俊委員長:フジクラ・エレクトロニクス・タイランド㈱)は、2017年度第6回工業団地連絡協議会を開催しました。当日は、2018年4月に予定されている最低賃金改定について、その決定をめぐる状況に関する大使館報告の後、引き上げが実施された場合の影響について、バンコク近郊の7工業団地で実施したアンケートの結果に基づきながら、各工業団地の代表者間で意見交換が行われました。
第1回泰日工業大学委員会開催
第1回泰日工業大学委員会開催
(2018 年 02 月 13 日 )
 2月13日、泰日工業大学委員会(加原学委員長:NTTコミュニケーションズ・タイランド㈱)は2017年度第1回泰日工業大学委員会を開催し、バンディット学長をはじめとする泰日工業大学の関係者から2017年泰日工業大学の活動概要について報告を受けました。また、中長期の目標として、ものづくり、人材育成、国際化を中心に据えながら、今後も在タイ日系企業の人材ニーズに応える内容で学術サービス活動を発展させていくことが示されました。
GMS委員会、ラオス経済回廊視察を実施
GMS委員会、ラオス経済回廊視察を実施
2月8~11日、GMS委員会(田中建治委員長:伊藤忠タイ会社)は、2017年度GMS視察を実施しました。今年度は、タイと中国を結ぶ経済回廊のうち、ラオス国内区間の物流や路面の状況を視察しました。視察団は、空路ラオスの首都ビエンチャンに到着し、陸路にてラオス北部のルアンプラバンとルアンナムタを通過し、タイとラオスの国境にあるフアイサーイ(チェンコーン)まで合計944kmを、18時間55分かけて走破しました。今回の視察では、特にルアンナムタからフアイサーイ(チェンコーン)までの道路が大きく改善されていることが確認されたほか、中国主導による高速鉄道建設が着々と進んでいる様子も見られました。
2018年新年景気討論会開催
2018年新年景気討論会開催
(2018 年 02 月 07 日 )
 2月7日、2018年新年景気討論会が開催されました。前半は2017年の回顧と2018年の展望をテーマに、鱸正明金融保険部会長(アユタヤ銀行(三菱東京UFJ銀行)と三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)による基調講演、菅田道信自動車部会長(タイ国トヨタ自動車㈱)と柴弘樹電気部会長(㈱東芝アジアパシフィックタイ社)による業界報告がありました。後半は、参加者のなかから200名にご協力いただき、今後のタイ国の景気や産業動向に関するリアルタイム・アンケートを実施しながら、その結果を踏まえて、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとする7名のパネラーによるパネルディスカッションが開催されました。
酒井会頭、プラチン副首相に景気動向調査結果を報告
酒井会頭、プラチン副首相に景気動向調査結果を報告
2月7日、酒井宗二会頭(丸紅泰国会社)らJCC三役は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)らとともに、プラチン副首相を訪問し、2017年下期タイ日系企業景気動向調査の結果を報告しました。また、景気動向、産業人材育成、インフラ整備など、最近の経済情勢等について意見交換を行いました。
経済調査会、2017年下期景気動向調査記者発表
経済調査会、2017年下期景気動向調査記者発表
2月2日、経済調査会(三又裕生会長:ジェトロ・バンコク事務所)は、2017年11~12月に実施した「2017年下期タイ国日系企業景気動向調査」の結果について記者発表を行いました。今回の調査では、2017年上期の業況感は、全体として引き続き改善しており、改善幅は2016年下期と概ね同等でした。一方、2017年下期の業況感は大幅に改善し、さらに2018年上期にかけても改善幅がさらに拡大する見通しとなりました。在タイ日系企業の経営上の問題点として、前回調査結果と同様、「他社との競争の激化」、「総人件費の上昇」などが上位を占めたほか、タイ政府への要望事項では、「関税や通関にかかわる制度や運用の改善」が最も多いという結果になりました。詳細は会報誌「所報」3月号に掲載予定です。
酒井会頭、主要経済閣僚に景気動向調査結果を報告
酒井会頭、主要経済閣僚に景気動向調査結果を報告
1月29日~2月1日、酒井宗二会頭(丸紅泰国会社)らJCC三役は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)らとともに、コプサック首相府大臣、ソムキット副首相、ウィサヌ副首相らを相次いで訪問し、2017年下期タイ日系企業景気動向調査の結果を報告しました。また、景気動向、産業人材育成、インフラ整備など、最近の経済情勢等について意見交換を行いました。
建設部会、コンプライアンスに関する講演会を開催
建設部会、コンプライアンスに関する講演会を開催
2月1日、建設部会(浜田雅則部会長:タイ鹿島㈱)は、Chandler MHM Limited(森・濱田松本法律事務所バンコクオフィス)の秋本誠司氏と細川怜嗣氏をお招きし、コンプライアンスに関する講演会を開催しました。講演では、「アジア子会社での不祥事防止策と解決法」と題し、社内でのコンプライアンス体制の構築と内部調査の実施方法など、社内不正に対する具体的な防止策と対応策についてお話いただきました。
化学品部会・環境委員会共催、講演会&懇親会を開催
化学品部会・環境委員会共催、講演会&懇親会を開催
2月1日、化学品部会(山口剛史部会長:AGCオートモーティブ(タイランド)㈱)と環境委員会(伊藤厚実委員長:THAI PET RESIN CO., LTD.)は、合同で講演会と懇親会を開催しました。講演会では、アユタヤ銀行副頭取・法人部門長(日系統括責任者)でJCC副会頭の鱸正明氏を講師としてお招きし、「2018年のタイ経済の展望と見通し」と題し、最近のタイ経済の動向を概観しながら、今後の景気を占う上で重要となるカギや為替相場の動向などについてご説明いただきました。また、講演会終了後は会員交流のための夕食懇親会を開催し、新年ラッキードローや手品ショーなどの余興を楽しみました。
人事担当者対象のチットラダ工科大学見学会を実施
人事担当者対象のチットラダ工科大学見学会を実施
1月31日、JCCはタイ人人事担当者を対象に、チットラダ工科大学見学会を実施しました。チットラダ工科大学は、シリントン王女殿下のご指導の下、現場に強い学生の育成を目的に、2014年に設立された新しい大学です。学生の針路として、またそれに先立つインターンシップや工場見学先として在タイ日系企業との連携を強めたいという同大学からの依頼により実施されたものです。当日は、JCC会員企業のタイ人人事担当者22名が参加し、大学の教育方針、インターンシップ制度などについて説明を受けました。
運輸部会、タイ自動車産業に関する講演会を開催
運輸部会、タイ自動車産業に関する講演会を開催
1月22日、運輸部会(田中丞部会長:郵船ロジスティクス(タイランド))は、タイ国トヨタ自動車㈱の菅田道信社長を講師としてお招きし、「タイ自動車産業の現況と展望」と題してご講演いただきました。タイにおける2017年の自動車産業の動向について、国内市場は87万台まで回復したものの、輸出実績は中東向けの低迷などの要因により横ばいとなったことを報告いただきました。また、2018年見込みは、国内市場は90万台で前年比+3%程度、輸出はほぼ前年並みを見込むが、各国の情勢に大きく影響を受けるため、引き続き注視する必要があるとのことでした。
繊維部会、移転価格税制に関する講演会を開催
繊維部会、移転価格税制に関する講演会を開催
12月20日、繊維部会(高林和明部会長:東レタイランド)は、アサヒ・ネットワークス(タイランド)社の小松英生氏(税理士)をお招きし、「日本の新移転価格税制の在タイ企業への影響と今後のタイの移転価格税制の動向」と題して講演会を開催しました。日本では、BEPS勧告を受けて、国際課税における税制改正が続いていますが、特に移転価格税制については新たな文書化制度が導入され、海外の現地法人でも対応が求められています。講演では、新たな制度の内容やタイでの対応方法について、具体的にご解説頂きました。
JCC理事会、ネパール視察を実施
JCC理事会、ネパール視察を実施
(2018 年 01 月 17 日 )
1月17~19日、黒田伊佐央副会頭(タイ国三井物産㈱)以下、8名の理事による2017年度理事会視察が実施されました。
理事会視察は、タイ近隣諸国の経済やビジネスの現状を把握するため毎年1回実施されているものです。今年度はインドと中国という戦略的な位置にありながら、長年にわたる政情不安によって経済成長が立ち遅れていたネパールの現状を調査・視察することを目的に、首都カトマンズを訪問しました。
酒井会頭、主要経済閣僚に景気動向調査結果を報告
酒井会頭、主要経済閣僚に景気動向調査結果を報告
1月15~19日、酒井宗二会頭(丸紅泰国会社)らJCC三役は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)らとともに、ウッタマ工業大臣、ピチェートデジタル経済社会大臣、ドゥアンチャイBOI長官、ウィーラサック観光スポーツ大臣らを相次いで訪問し、2017年下期タイ日系企業景気動向調査の結果を報告しました。また、景気動向、産業人材育成、インフラ整備など、最近の経済情勢等について意見交換を行いました。
泰日協会学校運営支援委員会開催
泰日協会学校運営支援委員会開催
1月15日、泰日協会学校運営支援委員会(佐野高司委員長:泰倉紡有限公司)は、泰日協会学校(日本人学校)関係者とともに委員会を開催し、泰日協会学校の運営支援について協議しました。今回は、今年6月に実施を予定している中学部2年生の職場体験学習のための受入企業について協議しました。また、泰日協会学校の教員によるチェンマイ及びプーケットの日本語補習授業校への巡回指導実施の報告が行われました。
1月度中小企業支援委員会開催
1月度中小企業支援委員会開催
(2018 年 01 月 15 日 )
1月15日、中小企業支援委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は、1月度委員会を開催し、3月に開催予定の労務セミナーの詳細について協議しました。労務セミナーは、労働法の専門家を講師としてお招きし、従業員の採用、処遇、解雇など、人事管理において知っておくべき法務知識についてご解説いただくもので、今回が初めての開催となります。委員会では、会場や時間など、具体的な実施方法について協議を行いました。
酒井会頭、アーコム運輸大臣に下期景気動向調査結果を報告
酒井会頭、アーコム運輸大臣に下期景気動向調査結果を報告
1月12日、酒井宗二会頭(丸紅泰国会社)は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)らとともに、アーコム運輸大臣を訪問し、2017年下期タイ日系企業景気動向調査の結果概略を報告しました。本調査は昨年11月6日から12月1日までに会員企業を対象に実施したもので、2月2日の記者発表を前に、調査結果概略を政府関係者に対し説明しているものです。
泰日工業大学が会頭を訪問
泰日工業大学が会頭を訪問
(2018 年 01 月 12 日 )
1月12日、泰日工業大学のバンディット学長が、酒井宗二会頭(丸紅泰国会社)を訪問し、年始の挨拶とともに、今後の活動への協力を求めました。JCCでは、社会貢献活動の一環として、泰日工業大学の創立以来継続して、奨学金の寄付及び寄付金の募集などの支援を行っています。酒井会頭からは、同大学の卒業生が日系企業等で活躍しており、JCCとして今後も引き続き協力していく旨の発言がありました。
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt © 2017 All rights reserved.