バンコク日本人商工会議所の活動内容を記事と写真にて毎週更新しています。

Logo Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
> JP > EN > TH
第7回日系企業就職フェア 出展者募集中
入会案内・申込書
各種変更届
所報 閲覧・ダウンロード
医療共済制度PDFダウンロード
バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

JCC 活動報告一覧

運輸部会、ミャンマー視察を実施
運輸部会、ミャンマー視察を実施
11月7~9日、運輸部会(石田信夫部会長:泰国川崎汽船㈱)はミャンマー視察を実施し、マンダレー、バガン、ヤンゴンを訪れました。視察では、マンダレー工業団地、ヤンゴンのティラワ経済特区など、ミャンマー国内の産業インフラの整備状況を確認したほか、シュエズィーゴン・パゴダなど各地の有名な寺院や遺跡も見学しました。
編集委員会、11月月例委員会を開催
編集委員会、11月月例委員会を開催
11月1日、編集委員会(寺井裕委員長:全日本空輸㈱バンコク支店)は、11月度月例委員会を開催しました。編集委員会は毎月1度開催され、会報誌「所報」で取りあげる内容や編集方針について協議しています。今回は2017年1月以降に発行される所報について、タイの経済、産業、社会、文化、歴史など幅広い分野から記事テーマの提案がなされました。
中小企業支援委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は、中小企業支援公的団体事業説明会を下記の通り開催いたします。タイに駐在する7つの日本の公的団体が行う中小企業への支援事業内容に関する説明と個別相談会を実施いたします。ご関心のある方は是非ご参加ください。お申込みはJCC事務局Tel:02-250-0700-3、shibata@jcc.or.th…
(2016 年 10 月 28 日 )
10月28日、中小企業委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は10月度委員会を開催しました。委員会の前半は、10月5日にプラチンブリで開催した日系中小企業税務勉強会の反省と11月29日に開催される中小企業支援事業説明会の実施要領について検討が行われました。後半は、中小企業経営者の情報交換会が行われ、国王陛下崩御後の状況やタイ人社員のモチベーション向上、社内不正の防止方法といった労務問題について活発な意見交換が行われました。
経済調査会、2016年下期景気動向調査について協議
経済調査会、2016年下期景気動向調査について協議
 10月21日、経済調査会長(三又裕生会長:ジェトロ・バンコク事務所)が開催され、2016年下期景気動向調査の実施について協議しました。本調査は、在タイ日系企業の業況感、設備投資などの動向を調査するため、上期と下期の年2回実施されているものです。今回の調査では、景況感などの通常の設問に加え、特別質問として「通関手続きや税制運用の課題」「人材不足・人材開発の状況」「TPP」などに関する設問を追加することが検討されました。本調査は、11月中に会員企業各社に発送され、来年2月1日に結果を発表する予定です。
情報通信部会、産業向けIoTに関する講演会を開催
情報通信部会、産業向けIoTに関する講演会を開催
10月20日、情報通信部会(加原学部会長:NTTコミュニケーションズタイランド㈱)は、10月度定例部会を開催しました。今回は情報通信産業に関わる情報交換が行われたほか、野村総合研究所タイの岡崎社長を講師としてお招きし「タイでのモノづくり改革のトリガーとなりうるIoTの将来性」と題し、ご講演いただきました。IoT(Internet…
10月度文化連絡協議会開催
10月度文化連絡協議会開催
(2016 年 10 月 19 日 )
10月19日、渉外広報委員会文化連絡協議会担当(森本斉委員長:日本航空㈱バンコク支店)は、10月度文化連絡協議会に出席し、JCCの活動報告を行いました。本協議会は、毎月1回、在タイ日本国大使館、タイ国日本人会、国際交流基金バンコク日本文化センターなど、在タイの日本関係団体が、広報文化活動に関する情報交換を行い、両国間の文化交流促進について協議しています。今回は10月13日のプミポン国宝陛下のご崩御を受けて、中止になったイベント等が報告されました。
10月14日、佐藤真吾会頭(タイ国三井物産㈱)は、プミポン・アドゥンヤデート・タイ国王陛下のご崩御に際して、下記の通り哀悼のメッセージを発表しました。 「プミポン国王陛下のご崩御の報に接し、誠に深い悲しみに耐えません。タイ王室及び国民の皆様に対し、衷心から哀悼の意を表します。…
金融保険部会、BOIの投資奨励制度に関する講演会を開催
金融保険部会、BOIの投資奨励制度に関する講演会を開催
10月13日、金融保険部会(頃末広義部会長:㈱三井住友銀行バンコック支店)は、タイ国投資委員会(BOI)のマーケティング部長ボンゴット・アヌロート氏を講師としてお招きし、「タイ投資の新たな時代」と題して講演会を開催しました。講演では、特に新しい投資奨励政策であるクラスター型投資奨励制度の詳細、及びクラスターの連結性を強化するためのラヨーン県からバンコク都をつなぐ東部経済回廊(EEC)の開発計画の概要を中心にご説明いただきました。
生活産業部会・流通小売部会、合同で工場見学会を開催
生活産業部会・流通小売部会、合同で工場見学会を開催
10月13日、生活産業部会(新井英範部会長:王子製紙(タイランド)㈱)と流通小売部会(生田政光部会長:イオンタイランド㈱)は合同で工場見学会を開催し、物流資材の製造及び販売を事業としているタイマルソル社バンコク工場を訪問しました。物流分野は異業種ではあるものの、参加した部会員の業務と直結するため、生産工程、タイの工場の管理、運営手法など幅広い情報交換や活発な質疑応答が行なわれ、非常に有意義な見学会となりました。
工業団地連絡協議会、2016年賞与・昇給アンケートについて協議
工業団地連絡協議会、2016年賞与・昇給アンケートについて協議
10月12日、投資基盤整備委員会工業団地連絡協議会担当(鈴木盛夫委員長:フジクラ・エレクトロニクス・タイランド㈱)は、2016年度第3回工業団地連絡協議会を開催しました。今回は、今年度の景況感から想定する賞与支給水準について、参加した各工業団地の代表者間で情報交換を行ったほか、2016年賞与・昇給のアンケートの設問内容について確認を行いました。本アンケートは、バンコク近郊の15の工業団地で操業する日系企業を対象に、2016年10~11月に実施し、次回第4回工業団地連絡協議会で集計結果を報告する予定です。
10月10日、社会貢献委員会教育担当(幸田昌之委員長:タイ住友商事会社)は、タイ国高等教育委員会の担当者とともに、2016年度地方大学奨学金の実施内容について協議しました。地方大学奨学金制度は、タイの地方国立大学(チェンマイ、メイジョー、コンケン、スラナリー、ソンクラー各大学)の全学部及び環境関連専攻の大学院生に対し、在学期間中、継続して奨学金を提供する事業です。委員会では、現在奨学金を受けている奨学生の学業成績について確認するとともに、2016年度についても例年通り25名の奨学生の募集を開始することを確認しました。
建設部会、タイの経済犯罪に関する講演会を開催
建設部会、タイの経済犯罪に関する講演会を開催
10月6日、建設部会(浅井雄二部会長:㈱タイ鴻池)は、10月度建設部会を開催しました。部会では、定例の議事のほか、プライスウォーターハウスクーパース・リーガル&タックス・コンサルタンツ社の吉川英一マネージャをお招きし、「タイにおける経済犯罪の実態及び検出・防止策」と題し、講演会を開催しました。講演では、同社が実施した世界経済犯罪調査の結果をもとに、タイでの経済犯罪の発生状況や事例についてご紹介いただくとともに、不正の防止・発見方法についてもご説明いただきました。
中小企業支援委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は、第16回日系中小企業向け税務勉強会及び懇親会を、下記の通り開催いたします。ご関心のある方は是非ご参加ください。お申込みはJCC事務局Tel:02-250-0700-3、shibata@jcc.or.th…
中小企業支援委員会、プラチンブリで税務勉強会を開催
中小企業支援委員会、プラチンブリで税務勉強会を開催
10月5日、中小企業委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は、プラチンブリ県の304工業団地付近で、第16回日系中小企業税務勉強会及び懇親会を開催しました。本勉強会は、バンコクから離れた地域で操業する日系企業経営者を対象に、定期的に様々な地域で開催しているものです。今回はKPMGバンコク事務所の伊藤進氏(日本国税理士)を講師にお迎えし、タイの税制概要について分かりやすく説明していただくとともに、参加者との質疑応答をパネルディスカッション形式で行いました。また、セミナー終了後は夕食懇親会を開催し、参加者同士の交流や情報交換を行いました。
「2016年度賃金労務実態調査報告書」発行のご案内
「2016年度賃金労務実態調査報告書」発行のご案内
JCCでは、毎年4月に会員企業を対象に賃金労務実態調査を実施しています。本報告書は、2016年度調査結果をまとめたもので、昨年度から今年度の在タイ日系企業の賃金・賞与の動向等が把握でき、給与改定の際にもご参考いただける一冊です。本年度調査には、会員企業627社(回収率36.9%)からご協力を頂きました。ご購入はJCC事務局で、会員価格600バーツ(一般価格1,000バーツ)、または伊勢丹デパート6階の紀伊国屋書店で、一般価格にて販売しております。尚、本調査へ回答協力頂いた企業には1社一冊を無償にて郵送しております。…
FJCCIA事務局長会議@フィリピン開催
FJCCIA事務局長会議@フィリピン開催
9月30日、在アセアン日本人商工会議所連合(FJCCIA)事務局長会議がフィリピンで開催され、JCCから井上毅専務理事が参加しました。FJCCIAは加盟している9カ国10商工会議所の事務局長らがJFCCIAの活動や各国の商工会議所運営について議論することを目的に、各地の商工会議所が幹事となって定期的に開催しているものです。今回はフィリピン商工会議所主催で、2017年にシンガポールで開催予定のFJCCIA総会並びにアセアン事務総長との対話について議論するとともに、各国の商工会議所の取り組みについて情報共有しました。
運輸部会、タイ税関プロジェクトに関する講演会を開催
運輸部会、タイ税関プロジェクトに関する講演会を開催
9月28日、運輸部会(石田信夫部会長:泰国川崎汽船㈱)は、JICAタイ税関プロジェクトの内山誠氏をお招きし、「タイ税関におけるJICAプロジェクトと電子化への取組みについて」と題し、講演会を開催しました。講演では、JICAが行っている「効率的な税関手続きのための原産地規則に係る能力向上プロジェクト」についてご紹介いただくとともに、「ナショナル・シングル・ウィンドウ」や「到着前処理システム(Pre-Arrival…
流通小売部会・生活産業部会、合同講演会を開催
流通小売部会・生活産業部会、合同講演会を開催
9月22日、流通小売部会(生田政光部会長:イオンタイランド㈱)と生活産業部会(新井英範部会長:王子製紙(タイランド)㈱)は、アレン・アンド・オーヴェリー法律事務所シニア・アソシエイトの中島太郎氏をお招きし、「タイのコーポレートガバナンスについて」と題し、合同講演会を開催しました。コーポレートガバナンスとは、会社を運営しコントロールするための仕組みを意味するそうです。講演では、タイのコーポレートガバナンスの特徴やタイの大手企業における実例などについてお話いただきました。
繊維部会、FTA・EPAの活用に関する講演会を開催
繊維部会、FTA・EPAの活用に関する講演会を開催
9月21日、繊維部会(丁野良助部会長:東レタイランド)は、JETROバンコク事務所シニアエコノミストの伊藤博敏氏をお招きし、「ASEANおよびタイにおけるFTA・EPAの活用と主な課題」と題し、講演会を開催しました。講演では、原産地規則の確認、原産地証明書の申請・取得など、FTA活用の手順や注意点などについて具体的にご説明いただきました。…
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt © 2017 All rights reserved.