バンコク日本人商工会議所の活動内容を記事と写真にて毎週更新しています。

Logo Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
> JP > EN > TH
第7回日系企業就職フェア 出展者募集中
入会案内・申込書
各種変更届
所報 閲覧・ダウンロード
医療共済制度PDFダウンロード
バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

JCC 活動報告一覧

2018年新年特別講演会と会員交流会を開催
2018年新年特別講演会と会員交流会を開催
1月12日、JCCでは女子プロゴルファーで、解説者としても活躍中の村口史子氏を講師としてお招きし、2018年新年特別講演会を開催しました。講演会では、「ゴルフ人生「山あり、谷あり」」と題して、ゴルフを通じての様々な体験談とともに、会場のステージ上で実技指導もして頂きました。また、講演会終了後は会員同士で食事をしながら交流を深めていただいたほか、村口氏のサイン入りグッズなどがあたるラッキードローで楽しんでいただきました。
酒井会頭、アピサック財務大臣に下期景気動向調査結果を報告
酒井会頭、アピサック財務大臣に下期景気動向調査結果を報告
1月12日、酒井宗二会頭(丸紅泰国会社)は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)らとともに、アピサック財務大臣を訪問し、2017年下期タイ日系企業景気動向調査の結果概略を報告しました。アピサック大臣からは、東部経済回廊(EEC)における教育機関の投資誘致政策の紹介があったほか、税務に関する要望事項があれば提出してほしいとコメントがありました。
酒井会頭、タイ商工会議所のカリン会頭と面談
酒井会頭、タイ商工会議所のカリン会頭と面談
1月11日、酒井宗二会頭(丸紅泰国会社)をはじめとするJCC理事は、タイ商工会議所を訪問し、カリン会頭や幹部の方々と面談しました。本会合はタイ企業が現在抱えている課題や要望活動を把握するために実施されました。関税や税務、労務などJCC会員企業が抱える課題を、タイ側も同様に課題としていることがわかり、今後も定期的に情報交換していくことで合意しました。
教育担当、ランチプロジェクトの鶏寄贈式に出席
教育担当、ランチプロジェクトの鶏寄贈式に出席
11月30日、社会貢献委員会教育担当(菅田道信委員長:タイ国トヨタ自動車㈱)が実施するランチプロジェクトの鶏寄贈式がチェンライ県パデーンウィタヤー学校で開催され、同委員会の委員らが出席しました。これは、JCCの社会貢献活動の一つで、農村地方の小中学校に養鶏用の鶏を寄贈し、子供たちが養鶏を学び、鶏卵を昼食に役立ててもらうための活動です。今年は、プロジェクト実施から18年目となり、タイ北部の小中学校を対象に、鶏750羽(1,500,000バーツ相当)を寄贈しました。
(2017 年 12 月 29 日 )
誠に勝手ながら、JCC事務局は2017年12月29日(金)から2018年1月3日(水)まで休業させていただきます。新年は1月4日(木)より通常営業いたします。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
ヘルスケア担当、王室スタディセンター視察を実施
ヘルスケア担当、王室スタディセンター視察を実施
12月22日、投資基盤整備委員会ヘルスケア担当(黒田伊佐央委員長:タイ国三井物産㈱)は、チャチュンサオ県にあるカオヒンソーン王室開発研究センター視察を実施しました。同視察では、ヘルスケア産業に携わるJCC会員を対象に、タイにおける「持続的農業」と「食」にスポットを当て、プミポン前国王陛下が提唱した「足るを知る経済」や「新農業理論」に基づく農業開発について説明をうけました。また、視察終了後は懇親会も開催され、参加者間の意見交換を行いました。
1月5日(金) 組織強化委員会 ネットワーキングランチ 12:00~14:00 対象:「戌年生まれの方」 於・JCC 1月9日(火) 編集委員会 1.所報2月号原稿の確認 16:00~18:00 2.所報3月号原稿の検討 於・JCC 1月12日(金) 流通小売部会 1.2017年下半期商況報告会…
タイ赤十字社がJCCを訪問
タイ赤十字社がJCCを訪問
(2017 年 12 月 18 日 )
12月18日、タイ赤十字社ボランティア事務所のダムロン所長が、仲野真司社会貢献担当委員長(タイ住友商事会社)を訪問し、年末の挨拶をするとともに、今後の活動への協力を求めました。JCCでは、社会貢献活動の一環として、タイ赤十字フェアに40年以上継続して、寄付金の募集などの支援を行っています。仲野委員長は、JCCとしてこれからも継続してタイ赤十字社の活動を支援していきたいと伝えました。
情報通信部会、海底ケーブル陸揚げ局を視察
情報通信部会、海底ケーブル陸揚げ局を視察
12月15日、情報通信部会(加原学部会長:NTTコミュニケーションズ・タイランド㈱)は、ラヨーン県にあるシンフォニーコミュニケーション社による海底ケーブル陸揚げ局を視察しました。同陸揚げ局はタイとマレーシア、カンボジアの間を結ぶ海底光ファイバーケーブルのタイ側の接続点となる場所です。当日は陸揚げ局内の非常用電源設備などを見学した他、同社のスタッフから海底ケーブルの敷設、維持についての苦労話をお伺いしました。視察終了後はパタヤに移動し、懇親会にて部会員同士の交流を深めました。
労務委員会/ビザ・ワークパーミット担当、合同委員会を開催
労務委員会/ビザ・ワークパーミット担当、合同委員会を開催
12月8日、労務委員会(森田泰博委員長:タイブリヂストン㈱)と投資基盤整備委員会ビザ・ワークパーミット担当(浅井雄二委員長:タイ鴻池㈱)は合同で委員会を開催し、3月に開催予定のJTEPAに基づくビジネス環境小委員会での要望事項について協議しました。同小委員会には、日タイ政府間の協議の場に、民間企業を代表するかたちでJCCも参加しています。次回小委員会では、2016年度要望のフォローアップのほか、法律の改正が予定されている労働者保護法などについて新たな要望を行うことが検討されました。
建設部会、タイビジネスに関する講演会を開催
建設部会、タイビジネスに関する講演会を開催
12月7日、建設部会(浜田雅則部会長:タイ鹿島㈱)は、日本経済新聞社アジア編集総局長の飯田展久氏をお招きし、「タイでのビジネスに必要な5つの視点」をテーマに講演会を開催しました。講演では、最近のタイやアジアの経済社会情勢の変化について解説しながら、リスクをチャンスに変えていくためには、日本中心の短期的な5つの視点から、世界の動きやタイの情勢を意識したグローバルで長期的な5つの視点を持つことが必要であるとお話頂きました。
税制委員会、タイ財政政策について勉強会を開催
税制委員会、タイ財政政策について勉強会を開催
12月6日、税制委員会(菅原正幸委員長:みずほ銀行バンコック支店)は、在タイ日本国大使館の林原賢悟氏をお招きし、タイの財政政策についての勉強会を開催しました。講演では、タイ政府の予算、歳入などの一般財政政策を概観しながら、社会保障政策、インフラファイナンス等の重要個別分野におけるタイ政府の近年の動向についてご講演頂きました。
金融保険部会、企業取引不正に関する講演会を開催
金融保険部会、企業取引不正に関する講演会を開催
12月1日、金融保険部会(鱸正明部会長:アユタヤ銀行(三菱東京UFJ銀行))は、アユタヤ銀行コンプライアンス部の清水元英氏を講師としてお招きし、「企業取引における最近の不正事案について」をテーマに講演会を開催しました。講演では、最近発生している偽ビジネスメールの被害事例や内部不正の代表的な例についてご紹介頂いたほか、企業活動における不正対策についてお話頂きました。
工業団地連絡協議会、2017年賞与・昇給アンケート調査結果を報告
工業団地連絡協議会、2017年賞与・昇給アンケート調査結果を報告
12月1日、投資基盤整備委員会工業団地連絡協議会担当(佐藤公俊委員長:フジクラ・エレクトロニクス・タイランド㈱)は、2017年度第5回工業団地連絡協議会を開催しました。今回は、在タイ日本国大使館の鷹合一真書記官より、タイにおける日本式技能検定試験の導入や障がい者雇用など、人事労務に関する情報をご共有いただいたほか、2017年賞与・昇給アンケート調査の結果が報告されました。本アンケートは、バンコク近郊の工業団地で操業する日系企業を対象に、2017年10~11月に実施したもので、280社からご回答頂きました。回答結果から、各工業団地における昇給率の傾向を把握することができました。
経済調査会(三又裕生会長:ジェトロ・バンコク事務所)では、年2回、会員企業を対象に、「景気動向調査」を実施しています。この調査はタイの投資環境の現状や問題点を把握するとともに、タイ政府への政策提言材料とし、投資環境の改善に役立てることを目的として実施しています。また、タイ経済に大きな影響力をもつ日系企業の動向を包括的に把握することのできる唯一の調査であることから、タイ政府関係者やメディアの皆様からも毎回大きな注目を集めています。…
中小企業支援委員会、中小企業支援公的団体事業説明会を開催
中小企業支援委員会、中小企業支援公的団体事業説明会を開催
11月29日、中小企業支援委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は、中小企業支援「公的団体事業説明会」を開催しました。本説明会では、在タイの公的支援団体(海外産業人材育成協会(AOTS)、国際人材育成機構(IM…
11月24日、電気部会(澤田弘之部会長:㈱東芝アジアパシフィック社)と組織強化委員会(三木晋吉委員長:タイ国東京海上火災保険㈱)は、熊本地震の被災者を支援するため、前読売巨人軍の鈴木尚広氏をお招きし、講演会&懇親会を開催し、当日は115名の方にご参加いただきました。講演会では、鈴木氏から試合開始前の準備の大切さや入団時のエピソードをお話いただきました。また、講演会後の懇親会では、グローブや著書などのオークションもあり、参加費と合わせ熊本地震災害に対する多くの義捐金が集まりました。ご協力いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。
教育担当、北部タイ日本語日本研究奨学金を授与
教育担当、北部タイ日本語日本研究奨学金を授与
11月18日、社会貢献委員会教育担当(菅田道信委員長:タイ国トヨタ自動車㈱)は、北部タイ日本語日本研究支援事業の一環として、北部タイ日本語日本研究大学コンソーシアムが開催する第9回JCC奨学金授与式に参加し、奨学金を授与しました。本事業は、北部タイの大学で日本語及び日本研究を専攻する学生に対し、優秀学生表彰及び短期日本留学補助として奨学金を授与するものです。今年度は北部タイの8大学1機関から選抜された優秀学生15名と短期日本留学生9名に対し、菅田委員長より奨学金の目録が授与されました。
教育担当、チェンマイで大学生対象の日本
教育担当、チェンマイで大学生対象の日本
11月18日、社会貢献委員会教育担当(菅田道信委員長:タイ国トヨタ自動車㈱)は、北部タイ日本語日本研究大学コンソーシアムが開催する日本企業セミナーへの開催支援を行いました。本セミナーは、「日系企業で働くこととは」をテーマに、北部タイの日本語及び日本研究専攻学生の日系企業への理解を深めることを目的として開催され、JCCは会員企業で働く3名のタイ人幹部の講師派遣に協力しました。当日は3名の講師から日本語や日本文化を学ぶ学生約100名に対し、企業紹介や日本の企業文化について、自らの体験談を交えてお話いただきました。
流通小売部会・生活産業部会、合同講演会を開催
流通小売部会・生活産業部会、合同講演会を開催
11月17日、流通小売部会(坊池学部会長:イオンタイランド㈱)と生活産業部会(鹿野剛志部会長:王子製紙(タイランド)㈱)は合同で、㈱メディエーター代表取締役のガンタトーン・ワンナワス氏を講師としてお招きし、「タイの地方経済の実態について」をテーマに講演会を開催しました。タイの小売市場規模、所得格差による消費行動の違い、都市部と農村部の消費行動の違いなど、タイ人の消費行動の特徴にポイントをおきながら、タイの地方経済の実態についてお話いただきました。
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt © 2017 All rights reserved.