バンコク日本人商工会議所の活動内容を記事と写真にて毎週更新しています。

Logo Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
> JP > EN > TH
第7回日系企業就職フェア 出展者募集中
入会案内・申込書
各種変更届
所報 閲覧・ダウンロード
医療共済制度PDFダウンロード
バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

JCC 活動報告一覧

流通小売部会、公衆衛生関連規制について講演会を開催
流通小売部会、公衆衛生関連規制について講演会を開催
8月18日、流通小売部会(坊池 学部会長:イオンタイランド㈱)は、2017年度第2回流通小売部会を開催し、労務に関する各社情報交換と講演会を実施しました。労務に関しては、2016年度賞与と2017年度ベースアップ等について、事前に部会員を対象にアンケート調査を行い、その結果に基づいて議論が行われました。また、JTインターナショナル・アジアパシフィック社の武田晋マネージャーをお招きし、「WHOの戦略から予想される公衆衛生関連規制の広がり」と題して講演会を開催しました。
情報通信部会、8月定例部会を開催
情報通信部会、8月定例部会を開催
8月17日、情報通信部会(加原 学部会長:NTTコミュニケーションズ・タイランド㈱)は8月定例部会を開催し、2017年度の今後の予定について協議しました。今年度は、9月にタイ政府が開催するIT関連イベント「Digital Thailand Big…
8月度繊維部会開催
8月度繊維部会開催
(2017 年 08 月 16 日 )
8月16日、繊維部会(高林和明部会長:東レタイランド)は8月度繊維部会を開催し、タイの一般概況や繊維市場動向に関する情報交換を行いました。冒頭で、高林部会長より最近のタイの経済概況について説明があり、その後各社の経営状況やタイの社会経済状況について活発な議論が行われました。
JCC日タイ修好130周年記念基金より洪水被害に対する義捐金を寄付
JCC日タイ修好130周年記念基金より洪水被害に対する義捐金を寄付
8月15日、社会貢献委員会社会貢献担当(仲野真司委員長:タイ住友商事会社)は、タイ東北部などで発生している洪水被害に対し、日タイ修好130周年記念基金から30万バーツを義捐金として寄付しました。贈呈式は、タイ経済界での寄付金の取りまとめを行っているタイ商工会議所(TCC)で行われ、黒田伊佐央社会貢献担当副委員長(タイ国三井物産㈱)からTCCのカリン会頭に寄付金が手渡されました。
教育担当、2017年度ランチプロジェクトについて協議
教育担当、2017年度ランチプロジェクトについて協議
8月11日、社会貢献委員会教育担当(菅田道信委員長:タイ国トヨタ自動車㈱)は、プロジェクトの実施について、CPグループの農村生活開発財団(RLDF)とともに協議を行いました。JCCでは社会貢献活動の一環として、CPグループとの協働により、地方の小学校に養鶏施設と鶏を寄贈し、採取した鶏卵を昼食に利用してもらう「ランチプロジェクト」を毎年実施しています。当日は、これまでに寄贈した鶏小屋の運営状況等が報告されたほか、2017年度の寄贈先の学校について協議を行いました。本年度は、寄贈式を11月30日に北部チェンライで実施することになりました。
労務委員会、賃金労務実態調査結果説明会を開催
労務委員会、賃金労務実態調査結果説明会を開催
8月9日、労務委員会(森田泰博委員長:タイブリヂストン㈱)は、2017年4月に実施した2017年度賃金労務実態調査の結果発表会を開催しました。まず、在タイ日本国大使館の鷹合一真一等書記官より、同調査結果についてご説明いただきました。また、特別講演として、デロイト・コンサルティング社シニア・マネージャの高柳圭介氏をお招きし、「タイにおける人事評価の人材育成」と題してお話いただきました。本調査結果の概要は、所報9月号に掲載予定です。
第3回工業団地連絡協議会を開催
第3回工業団地連絡協議会を開催
8月8日、投資基盤整備委員会工業団地連絡協議会担当(佐藤公俊委員長:フジクラ・エレクトロニクス・タイランド㈱)は2017年度第3回工業団地連絡協議会を開催しました。協議会では、JCCが実施した2017年上期日系企業景気動向調査と2017年度賃金労務実態調査の結果が報告されました。また、6月に施行された新外国人労働法による罰則強化の影響について、工業団地連絡協議会が実施した緊急アンケート結果が発表され、活発な意見交換が行われました。
JCC三役、アピラディー商務大臣を表敬訪問
JCC三役、アピラディー商務大臣を表敬訪問
8月7日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC三役は、アピラディー商務大臣を訪問し、新三役及びJCCの活動紹介を行いました。また、タイ政府によるFTA交渉の積極的な推進や関税問題の改善について要望しました。アピラディー大臣からは、特に関税問題について、「政府は改革を一歩一歩進めている」「在タイ日系企業のビジネスを積極的にサポートするので、何か問題があれば伝えてほしい」とのコメントがありました。
中小企業支援委員会、8月度委員会を開催
中小企業支援委員会、8月度委員会を開催
8月4日、中小企業支援委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は、8月度委員会を開催しました。今回は、前回の税務セミナーや次回人事セミナーの開催について協議したほか、委員相互のビジネスチャンスやビジネスマッチングの機会を提供することを目的に、委員会メンバーによる自社の事業紹介プレゼンテーションが行われました。今回はN.S.L.建設、DMK(タイランド)㈱の2社に各15分程度で事業内容をご紹介いただきました。今後も継続的に事業紹介を実施する予定です。
建設部会、サイバーリスクに関する講演会を開催
建設部会、サイバーリスクに関する講演会を開催
8月3日、建設部会(浜田雅則部会長:タイ鹿島㈱)は、2017年度第一回建設部会を開催しました。今回は、通常の議事に加え、10月に計画しているオーストラリア・パース視察について検討が行われました。また、InterRisk Asia (Thailand)社の佐藤公紀氏を講師としてお迎えし、「サイバーリスクの実態」をテーマに、さまざまなサイバー攻撃の形態やタイでの被害状況についてご説明いただきました。
経済調査会、2017年上期景気動向調査記者発表
経済調査会、2017年上期景気動向調査記者発表
8月2日、経済調査会(三又裕生会長:ジェトロ・バンコク事務所)は、2017年5~6月に実施した「2017年上期タイ国日系企業景気動向調査」の結果について記者発表を行いました。今回の調査では、2016年下期の業況感は全体として2016年上期に比べさらに改善し、2017年は上期、下期にかけて改善幅が拡大する見通しとなりました。他方、在タイ日系企業の経営上の問題点として、「原材料価格の上昇」との回答が前回に比べ際立って増加したほか、タイ政府への要望事項では、「関税や通関にかかわる制度や運用の改善」が最も多いという結果になりました。詳細は会報誌「所報」9月号に掲載予定です。
第一回デジタル担当委員会開催
第一回デジタル担当委員会開催
(2017 年 08 月 01 日 )
8月1日、投資基盤整備委員会デジタル担当(加原学委員長:NTTコミュニケーションズ・タイランド㈱)は、第一回デジタル担当委員会を開催しました。本委員会は、タイ政府のデジタル利用に関する政策についての情報収集やセミナーの開催等を目的として、2017年度より新設されました。委員会当日は、タイ政府の投資誘致政策、現在開発が進められている東部経済回廊(EEC)内の「デジタル・パーク・タイランド」の概要、9月にタイ政府が主催する展示会「デジタル・タイランド・ビッグ・バン」など、デジタル産業に関する最新情報について情報交換を行いました。
酒井会頭、TCCカリン会頭を表敬訪問
酒井会頭、TCCカリン会頭を表敬訪問
7月31日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC三役は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)とともにタイ商工会議所(TCC)のカリン会頭を訪問しました。当日は、酒井会頭から新三役及びJCCの活動を紹介し、三又経済調査会長から2017年上期タイ日系企業景気動向調査の結果を報告しました。カリン会頭からは、ビザ・ワークパーミットの手続きの簡素化の政府への要望や人材開発事業など、TCCの活動について紹介があり、今後もJCCと協力していきたいとのコメントがありました。
第一回EEC委員会開催
第一回EEC委員会開催
(2017 年 07 月 27 日 )
7月27日、EEC委員会(寺井健委員長:新日鐵住金タイランド)は、第一回EEC委員会を開催しました。本委員会は、タイ政府が推進する東部経済回廊(EEC)開発の動向に対応するため、2017年度より新設されました。委員会当日は、冒頭で寺井委員長から委員会活動の方向性について説明があり、続いてジェトロバンコク事務所の三又裕生所長から9月にタイ政府が中心となって実施するEEC投資ミッションについて説明がありました。また、今後EECに対する日系企業の意見や要望をとりまとめ、タイ政府に提出することが確認されました。
酒井会頭、プラジン副首相を表敬訪問
酒井会頭、プラジン副首相を表敬訪問
7月26日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC三役は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)とともにプラジン副首相を訪問しました。当日は、酒井会頭から新三役及びJCCの活動を紹介し、三又経済調査会長から2017年上期タイ日系企業景気動向調査の結果を報告しました。プラジン副首相からは、東部経済回廊(EEC)の開発について言及があり、今後物流インフラやICT人材の開発を進めていくので、日系企業からの投資を期待しているとのコメントがありました。
環境委員会・化学品部会、日本化学工業協会と合同ワークショップ開催
環境委員会・化学品部会、日本化学工業協会と合同ワークショップ開催
7月26~27日、環境委員会(伊藤厚実委員長:THAI PET RESIN CO., LTD.)と化学品部会(山口剛史部会長:AGCオートモーティブ(タイランド)㈱)は、日本化学工業協会(日化協)との共催により、環境安全に関するワークショップを開催しました。26日は、在タイ日系化学企業の日本人を対象とした、日化協の化学品安全やプロセス安全の海外支援事業に関する説明会がありました。27日は、在タイ日系化学企業のタイ人を対象としたプロセス安全とレスポンシブルケア(RC)に関するワークショップが開催されました。2日間を通じて、化学品の安全な取扱いに関する活動や実践について有意義な情報交換が行われました。
酒井会頭、クリット関税局長と面談
酒井会頭、クリット関税局長と面談
7月24日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)と関税委員会(三枝則生委員長:泰国三菱商事会社)は、クリット関税局長をはじめとするタイ国関税局の訪問を受け、11月13日から施行される新関税法について議論を行いました。面談では、三枝委員長から新関税法施行までの関税局の対応、新関税法の運用、現在係争中の関税案件の取扱いなどについて、質問及び要望を行いました。クリット関税局長からは各質問について詳細な回答があり、今後も継続的な対話の場を設定し、日系企業の意見も踏まえながら、通関業務の改善に向けて取り組むとのコメントがありました。
流通小売部会、2017年上半期市況報告会を開催
流通小売部会、2017年上半期市況報告会を開催
7月21日、流通小売部会(坊池 学部会長:イオンタイランド㈱)は、流通小売部会定例情報交換会を開催しました。今回は、2017年上半期商況報告について、事前に部会会員にアンケート用紙を配布した上で、回収結果を当日発表し、意見交換を行いました。
酒井会頭、ソムキット副首相に景気動向調査結果を報告
酒井会頭、ソムキット副首相に景気動向調査結果を報告
7月20日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)らとともに、ソムキット副首相を訪問し、2017年上期タイ日系企業景気動向調査の結果を報告しました。今後、経済関係閣僚を順次訪問し、調査結果の報告を行う予定です。
中小企業支援委員会、シラチャーで税務勉強会を開催
中小企業支援委員会、シラチャーで税務勉強会を開催
7月19日、中小企業委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は、チョンブリ県のシラチャー地区で、第17回日系中小企業税務勉強会及び懇親会を開催しました。本勉強会は、バンコクから離れた地域で操業する日系企業経営者を対象に、定期的に様々な地域で開催しているものです。今回はKPMGバンコク事務所の伊藤進氏(日本国税理士)を講師にお迎えし、タイの税制概要について分かりやすく説明していただくとともに、参加者との質疑応答をパネルディスカッション形式で行いました。また、セミナー終了後は夕食懇親会を開催し、参加者同士の交流や情報交換を行いました。
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt © 2017 All rights reserved.