バンコク日本人商工会議所の活動内容を記事と写真にて毎週更新しています。

Logo Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
> JP > EN > TH
第7回日系企業就職フェア 出展者募集中
入会案内・申込書
各種変更届
所報 閲覧・ダウンロード
医療共済制度PDFダウンロード
バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

JCC 活動報告一覧

7月度繊維部会開催
7月度繊維部会開催
(2017 年 07 月 19 日 )
7月19日、繊維部会(高林和明部会長:東レタイランド)は、7月度繊維部会を開催し、タイの一般概況や繊維市場動向に関する情報交換を行いました。冒頭、高林部会長から、直近のタイ国経済動向について説明がありました。続いて、当日参加した会員企業の市況報告とタイの社会経済状況についての情報交換が行われました。
経済調査会、上期景気動向調査結果について協議
経済調査会、上期景気動向調査結果について協議
7月14日、経済調査会(三又裕生所長:ジェトロバンコク事務所)では、2017年上期タイ国日系企業景気動向調査結果の確認を行うとともに、今後の結果発表の日程について協議しました。本調査は2017年5月22日から6月14日にかけて、JCC会員企業1,735社を対象に実施し、594社(回答率34.2%)からご回答いただきました。調査結果については、8月2日に開催される記者発表で日タイの報道機関に対して発表するとともに、今後のタイ経済政策に活用していただくため、記者発表に先駆けてタイ政府の経済関係閣僚を訪問し報告していく予定です。
運輸部会、工場見学&レムチャバン港視察を実施
運輸部会、工場見学&レムチャバン港視察を実施
7月14日、運輸部会(田中 丞部会長:郵船ロジスティクス(タイランド)㈱)は、工場見学&レムチャバン港視察を実施しました。まず午前中は、三菱自動車(タイランド)社のレムチャバン工場を訪問し、自動車の組立工程を見学しました。午後からは、レムチャバン港に向かい、コンテナバースのハチソンターミナル、及び自動車船バースのA5ターミナルを見学しました。三菱自動車(タイランド)社のレムチャバン工場はレムチャバン港のすぐ近くにあり、完成車の輸送にはトレーラーを使用せず、完成車自体を運転していくことが可能であるため、輸送費が節減できるそうです。
金融保険部会、為替相場に関する講演会を開催
金融保険部会、為替相場に関する講演会を開催
7月12日、金融保険部会(鱸 正明部会長:アユタヤ銀行(三菱東京UFJ銀行))は、アユタヤ銀行市場部門副部門長の岩本 毅彦氏を講師としてお招きし、「2017年後半の為替相場見通し」と題し、講演会を開催しました。講演では、1997年の経済危機の発生から20年間のタイ経済を概観した後、様々な経済指標に基づいて現在のタイの景気動向を分析し、2017年後半の為替相場の見通しについてお話いただきました。
電気部会、2017年度総会と懇親会を開催
電気部会、2017年度総会と懇親会を開催
7月11日、電気部会(澤田弘之部会長:㈱東芝アジアパシフィック社)は、2017年度電気部会総会を開催しました。総会では、2016年活動報告と2017年活動計画について発表がありました。その後、三井住友銀行の甲斐中 明氏を講師としてお招きし、「米トランプ政権の対外政策とASEANへの影響」と題し、ご講演いただきました。総会終了後は懇親会を開催し、食事やチーム対抗パターゴルフゲームなどを楽しみながら、会員同士の交流を深めました。
酒井会頭、FJCCIA定時総会に出席
酒井会頭、FJCCIA定時総会に出席
(2017 年 07 月 07 日 )
 7月7日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)は、シンガポールで開催されたアセアン日本人商工会議所連合会(FJCCIA)の2017年度定時総会に出席しました。FJCCIAは、ASEAN域内の9カ国10日本人商工会議所によって構成され、ASEAN地域における日系企業のビジネス環境の改善を目的に活動しています。総会では、シンガポール日本商工会議所が2017年度議長国に選出され、バンコク日本人商工会議所、及びジャカルタ・ジャパンクラブが幹事国に選出されました。
FJCCIA、ミンASEAN事務総長との対話を開催
FJCCIA、ミンASEAN事務総長との対話を開催
FJCCIA定時総会と同日、アセアン日本人商工会議所連合会(FJCCIA)とASEAN事務局のミン事務総長との対話がシンガポールで開催されました。対話では、シンガポール日本商工会議所の栃折会頭が議長国として、ASEAN事務局に対するFJCCIAからの要望の全体概要を説明し、続いて各国商工会議所の会頭からも、貿易円滑化や基準・認証の合理化などといった個別の要望事項について説明を行いました。ASEAN事務局からは、昨年度の対話でFJCCIAから受けた要望に対する進捗状況や、今年度の要望に関する回答がありました。
JCC三役、ピチェート・デジタル経済社会大臣を表敬訪問
JCC三役、ピチェート・デジタル経済社会大臣を表敬訪問
7月5日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC新三役は、ピチェート・デジタル経済社会大臣を表敬訪問しました。ピチェート大臣からは、タイのデジタル産業への投資誘致政策の紹介があり、日本との協力でタイのデジタル産業を発展させていきたいとのコメントがありました。
JCC三役、コプカーン観光・スポーツ大臣を表敬訪問
JCC三役、コプカーン観光・スポーツ大臣を表敬訪問
7月3日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC新三役は、コプカーン・観光・スポーツ大臣を表敬訪問し、新三役とJCCの活動内容の紹介を行いました。コプカーン大臣からは、メディカルツーリズムやウェディングツーリズムといった目的を特化した観光誘致など、タイの新しい観光誘致政策について紹介がありました。酒井会頭は、JCCとしても日本からのタイ観光誘致に協力したいとコメントしました。
関税委員会、新関税法に関する勉強会を開催
関税委員会、新関税法に関する勉強会を開催
6月30日、関税委員会(三枝則生委員長:泰国三菱商事会社)は、プライスウォーターハウス・クーパーズ(PwC)・リーガル&タックス・コンサルタント社の専門家3名を講師としてお招きし、新関税法の概要についてご説明いただきました。新関税法は今年5月に官報に掲載され、11月13日から施行される予定で、これまで懸案となっていた報酬制度や罰則制度などが改正されています。当日は、まずPwC社の桑木愛子氏から、新関税法の概要と関税調査等への影響をご説明いただいた後、同社の魚住篤志氏、ヌー・トー・ヴァン氏を交えて、今後の課題やJCCとして継続して要望するべき事項について意見交換を行いました。
労務委員会、2017年賃金労務実態調査結果について協議
労務委員会、2017年賃金労務実態調査結果について協議
6月29日、労務委員会(森田泰博委員長:タイブリヂストン㈱)は、2017年賃金労務実態調査結果の確認を行うとともに、今後の結果発表の日程について協議しました。本調査は2017年4月1日から4月30日にかけて、JCC会員企業1,731社を対象に実施し、565社(回答率32.6%)からご回答いただきました。調査結果については、8月9日に会員を対象とした説明会を開催するほか、調査にご協力いただいた会員企業には、詳細な調査結果をまとめた冊子を寄贈させていただく予定です。
JCC三役、エネルギー大臣を表敬訪問
JCC三役、エネルギー大臣を表敬訪問
6月28日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC新三役は、アナンタポーン・エネルギー大臣を表敬訪問し、新三役とJCCの活動内容の紹介を行うとともに、最近のタイのエネルギー政策について意見交換を行いました。
税制委員会、M&Aに関する勉強会を開催
税制委員会、M&Aに関する勉強会を開催
6月27日、税制委員会(菅原正幸委員長:みずほ銀行バンコック支店)は、アレン&オーヴェリー法律事務所の中島太郎氏を講師としてお招きし、「プライベートM&Aにおけるグローバルトレンドとタイにおける課題」と題して、ご講演いただきました。当日は、過去5年間の全世界800件超のプライベートM&A案件を通して見えてくるM&Aの世界的な傾向、及びタイにおいてM&Aを進める上での課題、検討事項等を法律の観点から解説していただきました。
JCC三役、ヒランヤBOI長官を表敬訪問
JCC三役、ヒランヤBOI長官を表敬訪問
6月23日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC新三役は、タイ国投資委員会(BOI)のヒランヤ長官を表敬訪問しました。酒井会頭から、東部経済回廊(EEC)への期待とともに、投資期限の延長や税制優遇以外の投資支援策充実、既存企業の高度化を促進するための投資優遇策の継続や充実について要望しました。
化学品部会、第10回医薬・医療分科会を開催
化学品部会、第10回医薬・医療分科会を開催
6月23日、化学品部会医薬・医療分科会(山田貴陽分科会長:オリンパス(タイランド)㈱)は、第10回医薬・医療分科会を開催しました。今回は、「タイの高齢化社会」をテーマに特別講演会が行われ、タイ国経済社会開発委員会(NESDB)、在タイ日本国大使館の担当者からご講演いただくとともに、高齢者向けのサービスに力を入れている日系企業2社から事業内容についてご紹介いただきました。また、2017年度の組織体制の変更により、今後「化学品部会医薬・医療分科会」が「投資基盤整備委員会ヘルスケア担当」として活動することが発表されました。
社会貢献委員会、アユタヤ日本人村再開発事業を支援
社会貢献委員会、アユタヤ日本人村再開発事業を支援
6月23日、社会貢献委員会(酒井宗二委員長:丸紅泰国㈱)は、泰日協会(カリン・サラシン会長)が実施するアユタヤ日本人村再開発事業を支援するため、650万バーツを寄付しました。本件は、日タイ修好130周年記念事業の一環として行われたもので、日タイ友好の象徴ともいえるアユタヤ日本人村の施設再整備に役立てられます。当日は、酒井会頭からタリサ・ワタナケート副会長に、650万バーツの小切手が手渡されました。
JCC三役、アーコム運輸大臣を表敬訪問
JCC三役、アーコム運輸大臣を表敬訪問
6月22日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC新三役は、アーコム運輸大臣を表敬訪問し、新三役とJCCの活動内容の紹介を行いました。また酒井会頭から、レムチャバン港拡張プロジェクトをはじめとする東部経済回廊(EEC)における輸送インフラ整備の進捗状況について確認しました。
JCC三役、アチャカ科学技術大臣を表敬訪問
JCC三役、アチャカ科学技術大臣を表敬訪問
6月22日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC新三役は、アチャカ科学技術大臣を表敬訪問しました。アチャカ大臣からは、JCCが今回新たに設置したEEC、デジタル、ヘルスケアの3分野はタイ政府としても重点分野と位置付けており、感謝すると発言されるとともに、東部経済回廊(EEC)におけるイノベーションやデジタル関連産業に関する施設の紹介があり、日本からのR&D投資を期待しているとのコメントがありました。
中小企業支援委員会、人事組織管理に関するセミナーについて検討
中小企業支援委員会、人事組織管理に関するセミナーについて検討
 6月20日、中小企業支援委員会(松永晃一郎委員長:タイ矢崎コーポレーション㈱)は、6月度委員会を開催しました。今回は、定期的に実施している人事・組織管理に関するセミナーの内容を検討する企画部会として、現在講師をお願いしているマーサー・タイランド㈱プリンシパルの仲島基樹氏から、今後のセミナーで使用する新しい人事・組織管理セミナーの内容をご発表いただきました。新しい内容では、日系企業を取り巻く市場環境、日タイ異文化の捉え方、日系企業の強みと弱みなどについて、さらに具体的にご説明いただきました。
JCC三役、FTIジェーン会長を表敬訪問
JCC三役、FTIジェーン会長を表敬訪問
 6月20日、酒井宗二会頭(丸紅泰国㈱)をはじめとするJCC新三役は、タイ国工業連盟(FTI)のジェーン会長を表敬訪問し、新三役とJCCの活動内容の紹介を行いました。また、Thailand 4.0、EECなどのタイ政府の新しい政策や、新関税法、カスタムズアライアンスなど関税局の取組みなどについて、意見交換を行いました。ジェーン会長からは、簿記検定、食品安全セミナーなど、FTIとJCCの共同事業を今後も継続していきたいとのコメントがありました。
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt © 2017 All rights reserved.