バンコク日本人商工会議所の活動内容を記事と写真にて毎週更新しています。

Logo Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
> JP > EN > TH
第7回日系企業就職フェア 出展者募集中
入会案内・申込書
各種変更届
所報 閲覧・ダウンロード
医療共済制度PDFダウンロード
バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

JCC 活動報告一覧

金融保険部会、ウィーラタイ中銀総裁講演会を開催
金融保険部会、ウィーラタイ中銀総裁講演会を開催
3月13日、金融保険部会(頃末広義部会長:三井住友銀行バンコック支店)は、タイ中央銀行のウィーラタイ総裁をお招きして、ディナートークを開催しました。当日は、ウィーラタイ総裁を囲んでの夕食の後、総裁より「The…
観光広報産業部会、タイ国旅行産業に関する講演会を開催
観光広報産業部会、タイ国旅行産業に関する講演会を開催
3月13日、観光広報産業部会(森本斉部会長:日本航空㈱バンコク支店)は、タイ国政府観光庁東アジア局市場アドバイザーの鹿野健太郎氏をお招きし、「タイ国旅行産業の持続可能な成長戦略と日本マーケット」と題しご講演いただきました。講演では、日本人観光客をタイに誘致するためのタイ政府によるキャンペーンやプロモーション等についてご紹介頂きました。
JCC、アユタヤ「絆」駅伝2017を後援
JCC、アユタヤ「絆」駅伝2017を後援
JCCは3月12日に開催された、アユタヤ「絆」駅伝2017(主催:タイ国観光スポーツ省)を後援しました。本大会は、タイ人と日本人の混成チームがアユタヤの歴史公園や遺跡群周回コースを4人で走り次ぐもので、日タイ修好130周年記念事業の一つとして実施されました。当日はJCC事務局の1チームを含む、435チームが参加し、世界遺産であるアユタヤ遺跡周辺を思い思いのペースで駆け抜けました。
JCC理事、ビジネス環境小委員会に出席
JCC理事、ビジネス環境小委員会に出席
3月9日、佐藤真吾会頭(タイ国三井物産㈱)をはじめとするJCC理事は、日タイ経済連携協定(JTEPA)に基づいて開催されるビジネス環境小委員会に出席し、タイのビジネス環境に関する改善要望を行いました。当日は、日本側から在タイ日本大使館、JETRO、JCCの関係者、タイ側からはタイ投資委員会(BOI)をはじめ財務省、工業省、労働省、外務省、入国管理局など、タイの主要部局の関係者が出席しました。税務、労務、関税、運輸、金属の各部会・委員会の担当理事から、個別の具体的な案件について、要望や提言を行い、それぞれについて関係当局から回答がありました。
自動車部会総会開催
自動車部会総会開催
(2017 年 03 月 08 日 )
3月8日、自動車部会(棚田京一部会長:タイ国トヨタ自動車㈱)は、2016年度総会を開催しました。総会では、四輪、二輪の市場動向の報告と、技術・生産分科会、人材育成委員会などの活動報告が行われました。2016年の四輪市場は、2015年後半の新物品税導入前の駆け込み需要の反動等により、前年割れの76.9万台となりましたが、今後は政治経済の不透明感が薄れ、市場回復の兆しが見えてくることが予測されます。またファーストカー減税政策下の車両購入者の買い替え需要も期待され、2017年の国内市場予測は80万台前後という数字が示されました。
流通小売部会、生活産業部会、ラオス視察を実施
流通小売部会、生活産業部会、ラオス視察を実施
3月3~4日、流通小売部会(生田政光部会長:イオンタイランド㈱)と生活産業部会(新井英範部会長:王子製紙(タイランド)㈱)はラオス視察を実施しました。視察では、バンコクから空路でラオスの首都ビエンチャンに入国し、ビエンチャンから陸路でラオスとタイの国境を越境。タイ入国後、ウドンタニからコンケンまで車で移動し、コンケンから空路バンコクに戻りました。ビエンチャンでは、タラート・サオ、ビエンチャン・モール、ビューティー・モールといった商業施設や、国境にある経済特区を見学しました。
第6回日系企業就職フェア、出展企業募集のご案内
第6回日系企業就職フェア、出展企業募集のご案内
第6回日系企業就職フェア、出展企業募集のご案内  JCCでは、会員企業の人材採用支援の一環として下記の通り「第6回日系企業就職フェア2017」を開催します。本就職フェアは、今回で6回目を迎え、タイにおける日系企業就職フェアとして、タイ人求職者に幅広く認知されてきました。現在、多くの優秀な学生や転職希望者との出会いの場である本就職フェアへの出展企業を募集しておりますので、奮ってご出展下さいますよう、ご案内申し上げます。…
教育担当、地方大学奨学生選考を実施
教育担当、地方大学奨学生選考を実施
社会貢献委員会教育担当(幸田昌之委員長:タイ住友商事会社)は、2016年度地方大学奨学金の選考面接を実施しました。まず2月28日の南部のソンクラー大学での面接を皮切りに、3月1日に北部のチェンマイ大学とメージョー大学、3月3日に東北部のコンケン大学とスラナリー工科大学での面接を実施しました。本年度は大学生、大学院生対象の奨学金に45名の応募があり、JCCの教育担当委員による選考の結果23名に奨学金を授与することが決定しました。
関税委員会、「Customs Alliances」セミナーを開催
関税委員会、「Customs Alliances」セミナーを開催
3月1日、関税委員会(村越 晃委員長:泰国三菱商事会社)は、関税手続きの迅速化、透明性の向上を目的としたタイ関税局の新たな取組みである「Customs Alliances」に関するセミナーを開催し、関税局の担当者らが説明しました。「Customs…
第二回泰日協会学校運営支援委員会開催
第二回泰日協会学校運営支援委員会開催
1月24日、泰日協会学校運営支援委員会(佐野高司委員長:泰倉紡有限公司)は、2016年度第二回委員会を開催しました。今回は、2017年6月に実施予定の泰日協会学校中等部2年生の職場体験学習について検討を行い、昨年度に引き続き、職場体験を受け入れる企業をJCC会員企業の中から2社決定し、支援を行うことになりました。また、本年度JCCの支援により実施した、泰日協会学校の教師によるチェンマイ及びプーケットの日本語補習授業校への巡回指導についても報告があり、来年度も引き続き支援を継続することが検討されました。
佐藤会頭、主要経済閣僚に景気動向調査結果を報告
佐藤会頭、主要経済閣僚に景気動向調査結果を報告
1月23~2月1日、佐藤真吾会頭(タイ国三井物産㈱)は、三又裕生経済調査会長(ジェトロ・バンコク事務所)らとともに、ソムキット副首相、プラチン副首相、アピサック財務大臣、アーコム運輸大臣、ヒランヤBOI長官らを相次いで訪問し、2016年下期タイ日系企業景気動向調査の結果を報告しました。また、景気動向、産業人材育成、成長が期待される産業など、最近の経済情勢等について意見交換を行いました。
日タイ修好130周年事業委員会、コンケン県の障害者学校を支援
日タイ修好130周年事業委員会、コンケン県の障害者学校を支援
日タイ修好130周年事業委員会(佐藤真吾委員長:タイ国三井物産㈱)は、日本政府が実施する草の根・人間の安全保障無償資金協力による「コンケン県における視覚障害者のための校舎建設計画」に協力する形で、コンケン視覚障害者専門学校への学習用機材(80万バーツ相当)を寄付する予定です。本事業は、JCCが行う日タイ修好130周年事業「つなぐ」PROJECTの一環として実施されるものです。2月23日には、在タイ日本大使館とキリスト教視覚障害者財団との間で署名が交わされ、JCCの井上毅専務理事と堤陽一事務局長も参加しました。
2月22日、情報通信部会(加原学部会長:NTTコミュニケーションズ・タイランド㈱)は、2月度定例部会を開催しました。当日は、在タイ日本国大使館の恩田一等書記官から、ICT関連法の改正、シラチャにオープンするデジタルパークなど、タイにおける情報通信関連の最新情報をご紹介いただいたほか、今後の部会活動予定等について協議を行いました。…
医療機器分野の日タイ共同タスクフォースに参加
医療機器分野の日タイ共同タスクフォースに参加
2月21日、医療機器分野の日タイ共同タスクフォースが開催され、日本側からはJCCの山田貴陽医薬・医療分科会長(分科会長:オリンパス(タイランド)㈱)らが出席しました。本タスクフォースは、2016年3月に開催されたビジネス環境小委員会において、タイ国投資委員会(BOI)のヒランヤ長官が、日タイで投資優遇制度について議論する会議体を提案したことに基づいて開催されたものです。JCCからは、日本の医療機器関連企業のタイ進出は、中小企業が多いことから、進出段階に応じたきめ細やかな支援策が有効であることを伝えました。
JCC理事、プミポン前国王追悼式に参列
JCC理事、プミポン前国王追悼式に参列
2月16日、JCCではプミポン前国王の追悼式を協賛し、佐藤会頭(タイ国三井物産㈱)をはじめとするJCC理事ら28名が追悼式に参列しました。昨年10月13日にプミポン前国王が崩御されてから、バンコクの王宮では一般国民の弔問に加え、追悼式の実施団体を受け付けています。当日は、佐藤会頭ら6名の理事が王宮内のドゥシットマハープラサート宮殿で執り行われた仏教の追悼式に代表として参内しました。追悼式終了後は、全参加者が宮殿に参内し、亡きプミポン前国王の祭壇をお参りしました。
電気部会、異業種見学会&懇親ゴルフコンペを開催
電気部会、異業種見学会&懇親ゴルフコンペを開催
2月16日、電気部会(安藤亮次部会長:三菱電機アジア(タイ))は、異業種見学会と懇親ゴルフコンペを開催しました。異業種見学会では、アユタヤのロジャナ工業団地内にあるトーヨーセイカン(タイランド)㈱の工場を訪問し、食品や生活用品に用いられるプラスチック容器やキャップの製造工程を見学しました。工場見学終了後は、ラチャクラム・ゴルフ・クラブに移動し、懇親ゴルフコンペを通じて部会員同士の交流を深めました。
繊維部会、繊維市場動向に関する情報交換会を開催
繊維部会、繊維市場動向に関する情報交換会を開催
 2月15日、繊維部会(丁野良助部会長:東レタイランド)は、タイの繊維市場動向や一般概況に関する情報交換会を開催しました。会員企業17社が参加し、自社の事業環境、経営状況、市場をとりまく動きなどについて報告し、最近の繊維市場やタイの社会動向について情報を共有しました。
機械部会、リスク管理に関する講演会を開催
機械部会、リスク管理に関する講演会を開催
2月14日、機械部会(津田清昭部会長:双日タイ会社)は、東京海上日動リスクコンサルティング㈱の青島健二主席研究員を講師としてお招きし、「アジア・タイの経営者に求められるリスクマネジメント」と題して、講演会を開催しました。講演では、タイを中心としたアジアにおけるカントリーリスクの概況と対策、内部不正・不祥事の状況と対策、経営者のリスクリテラシー強化事例などを中心に、タイにおける事業継続マネジメントの具体的なポイントについてご説明いただきました。
第5回工業団地連絡協議会開催
第5回工業団地連絡協議会開催
(2017 年 02 月 14 日 )
2月14日、投資基盤委員会工業団地連絡協議会担当(鈴木盛夫委員長:フジクラ・エレクトロニクス・タイランド㈱)は、第5回工業団地協議会を開催しました。今回は、在タイ日本国大使館の坪井宏徳書記官より、労働者保護法改正案の進捗状況についてご報告いただいた後、Waste…
久留米市視察団がJCCを訪問
久留米市視察団がJCCを訪問
(2017 年 02 月 14 日 )
2月14日、久留米市タイ国訪問団(楢原利則団長:久留米市長)がJCCを訪問し、井上毅専務理事(バンコク日本人商工会議所)がタイの現状について説明しました。また楢原団長から、今後久留米市ではタイ人観光客誘致に積極的に取り組んでいきたいとの説明がありました。
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt © 2017 All rights reserved.