バンコク日本人商工会議所はタイにおける在タイ日系企業の発展に寄与する様々な事業を展開しています。

Logo Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
> JP > EN > TH
第7回日系企業就職フェア 出展者募集中
入会案内・申込書
各種変更届
所報 閲覧・ダウンロード
医療共済制度PDFダウンロード
バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

新入企業詳細

( 2016 年 9 月度 )
JFE ENGINEERING CORPORATION (BANGKOK OFFICE)
JFEエンジニアリング株式会社バンコク事務所
進出の動機
2016年9月号掲載/ 日本と同じくタイにおいても再生可能エネルギーの活用に力が入れられており、その中でも特に発電能力の不足と逼迫する埋立処分場の問題を二つ同時に解決する手段として廃棄物発電が注目を集めています。この分野はタイの国内企業に十分な技術の蓄積がないことから政府は海外の先進的な技術を導入して推進する方針としており、特に日本の技術に対する期待が高まっています。 このような状況の中、当社は廃棄物発電に関して保有する技術・ノウハウを提供することによりタイの持続的な発展に貢献できるものと確信し2016年4月に新たな情報収集拠点としてバンコク都内に駐在員事務所を開設致しました。
弊社の特色
JFEグループは、タイにおいて1968年に初めて拠点を構えて以来、徐々に事業規模を拡大し、現在では鉄鋼関連の合弁事業を主体に進出会社数18社、総従業員数約3,000名の規模となっております。 進出以来、半世紀近くにわたって培ってきた企業グループとしての経験と信用をベースに、当社の得意分野である廃棄物発電等の環境エネルギー分野、鋼製橋梁等の鋼構造物分野を中心とする質の高いインフラの供給により、新たな貢献の場を広げて参ります。
将来の抱負
タイにおいて公共インフラの整備はPPP(官民連携)の手法で実施されることが多く、事業運営を民間が担い、初期投資を電力の売電収入や道路の通行料といった日々の運営収入によって長期間で回収するビジネスモデルが推奨されています。この背景には公共インフラ整備のための財源(=税収)の不足がありますが、別の見方をすればタイのPPP案件は民間事業者としてさまざまな経験を深めていくチャンスとなり得る、とも言えると思います。 当面は、タイ国内で事業者としてしっかりした基盤を築くことを目標としていますが、その先にタイで得られたノウハウを他の地域のPPP事業でも活用していきたいと考えています。
18th Floor, Ramaland Bldg., 952 Rama Ⅳ Road, Suriyawongse, Bangrak, Bangkok 10500
Tel : 02-652-4460
Fax : 02-652-4461
E-Mail :
Website : www.jfe-eng.co.jp
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt © 2017 All rights reserved.