バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

バンコク日本人商工会議所とは

バンコク日本人商工会議所は、2014年に設立60周年を迎える世界最大規模の在外日本人商工会議所です。
会員数は、現在1552社(2014年4月末現在)を数え、半世紀以上にわたり、日本・タイ両国間の経済発展に寄与するとともに、各種社会貢献活動を継続的に展開しています。

お知らせ

【プレスリリース】20140709 プラジン司令官との面談について(和文)(英文)
20140709プラジン司令官との面談について(和文)PDFダウンロード
20140709プラジン司令官との面談について(英文)PDFダウンロード

Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
19/F CRC Tower All Seasons Place 87/2 Wireless Road Lumpini Pathumwan Bangkok 10330
Tel : 02-250-0700 Fax : 02-250-0705 Email : info@jcc.or.th Website : www.jcc.or.th
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年7月10日
プレス各位
バンコク日本人商工会議所
(Tel:02-250-0700)
プラジン空軍司令官との面談について
1.昨日(7/9)18:00~19:30、古賀会頭以下、JCC三役等が国家平和秩序評議会(NCPO)の経済担当であるプラジン空軍司令官と空軍本部にて会合を行い、以下のような内容を伝えた。 ○5月末のプラユット司令官との会談では、経済界が考える当面の課題、およびタイが今後経済的に発展していくにあたり、取り組むべき中長期的な課題についても言及した。 ○5月の時点で申し上げた当面の課題について、NCPOが取り組んできたいくつかの成果を評価したい。例えば、「夜間外出禁止令の解除」、「マスメディアへの制限の緩和」、「BOIの大型案件の承認」、「外交・経済アドバイザーを登用」、「NCPOによる英語版Webサイトの設置」など。 ○こういったNCPOの取り組みを評価しつつ、ビジネス界として、今後タイ経済の健全な発展のために取り組むべき個別課題に関して、以下のような点を要望したい。 ■選挙による民主主義に戻るための道筋やスケジュールに基づくアクションプランを着実に実行すること。 ■経済政策が、経済やビジネスの専門家による運営や意思決定にて行われる政府を確立すること。 ■経済やビジネスへの介入は、経済や市民生活の安定に必要な措置にできる限り限定すること。 ■汚職撲滅のため、税関や各種プロジェクトを含む政府の手続きについて、透明性や効率性を向上させるため、きっちりと設計された制度を導入すること。例えば、プロジェクトの承認や入札における客観的な基準を公開するほか、入札結果も公開すること。関税の分類や評価などの相違に対するペナルティについて、税関職員への報酬制度を廃止すること。 ■AEC、2015年末までにASEAN+6カ国で交渉が終了するRCEP、タイEUのFTAなどのFTAやEPAについて、タイがリーダーシップを取るため、海外に向かっていく積極的な通商政策を促進すること。 ■近隣諸国とのコネクティビティを改善するため、計画や資金確保に関する必要な見直しを行った上で、道路、鉄道、ミャンマーへの東西経済回廊や南部経済回廊などといっ 2 たハードインフラ、および、税関手続きや越境交通協定といったソフトインフラの整備を促進すること。 ■治水計画について必要な見直しを行い、洪水対策を着実に実施していくこと。 ■域内にて、タイをより進化したハブとするために、教育やトレーニングを通じて人材育成に努め、また、イノベーションやR&Dを促進すること。 ■効率的なチャネルを通じて、適正価格で、安定的なエネルギー供給を確保すること。 ■重要なサポーティングインダストリー(裾野産業)である中小企業に対して、資金調達や技術・情報へのアクセスに関して支援を行うこと。 ■タイの国際競争力の強化を図るため、サービス業の投資促進の際に障害となるものを排除すること。サービス業の投資について、段階的に自由化を進めること。 ■地域統括会社、ROHをタイに設置する者に対して、更なるインセンティブを設けること。 ○上記要望について、とりわけ、以下の点について強調したい。 ■上記のような個別の課題に取り組んでいくためにも、また、国際社会における信頼を回復するためにも、できる限り早期の民政への移管、選挙による民主体制復帰が実現することが重要である。 ■日系企業は、この地域において長年にわたるパートナーであるタイとともに発展することに、強くコミットしていることを改めて表明する。 ■施策の検討に際しては、①政府手続における透明性の確保、②市場経済の尊重、③経済の開放(RCEP、FTAの推進など)による競争力強化、の3点について、十分留意いただくことが日系企業の強い願いである。 2.これに対して、プラジン司令官より以下のような発言があった。 ○ NCPOの民主化に向けた3段階のロードマップについて、現在は1st STEPの段階だが、順調に進んでいる。 ○今後は、平和と秩序を維持しつつ、経済の発展に努めなければならないことを認識している。また海外における信頼回復と海外投資の誘致にも努めていく。 ○JCCが主張している「行政手続き等の透明性」、「市場経済の尊重」、「経済の開放」については、我々自身もその重要性を強く認識している。 ○JCCからの要望については、基本的に理解できるものである。 ○以上の点を進めるために、以下のような取り組みを行っていく ・いくつかのWGを作って政策を推進する。 ①インフラ整備について2つのWG(交通輸送WG、エネルギーインフラWG) ②治水対策WG 特に、洪水対策は最重要視している。しかし従来の3,500億バーツの治水マスタープランはタイ全域を対象としておらず不十分なので、今回は全国を対象としたプランを作り、実行する。 ・行政手続きの透明性という点では、従来から問題になっている税関職員の報奨制度について、スムーズな行政手続きにおける支障となっていることを認識しており、改善していきたい。 3 ・市場経済の尊重については、必要以上の経済や市場への介入はするつもりはないので、この件はNCPOにもよく言っておきたい。 ・経済の開放については、AECやRCEPの重要性は認識している。またそこでの日本の存在を強く認識している。本件は強く推進するように外務省と商務省に言っている。何か制約となる点があれば緩和していく用意がある。 ・また、サービス業の段階的な自由化についても、競争によってより高度化されると認識しており、利用者にとっても利便性が高まることになる。 ・中小企業対策として、「SME監督委員会(委員長:NCPOプラユット議長)」を立ち上げたところである。ここで様々な改革をしていきたい。具体的には、SMEのagendaをnational agendaと位置づけ、技術力の向上に努め、タイのローカルブランド育成を図りたい。また、資金調達やマーケットの拡大(国内販売、輸出)を支援していきたい。 ・ROH(地域統括会社)について、シンガポールに比べて、タイは強みと弱みがあることも理解している。もちろん、シンガポールの強みと弱みも認識している。ROHを誘致できるように、より良いビジネス環境整備のため、投資家の声を聞いていきたい。 ・インフラ整備について、陸海空、すべてのロジスティックについて整備していく。陸については、国道の充実と、鉄道の複線化の推進、GMSの東と西の回廊の整備も進める。海については、アンダマン海側の港湾設備の整備計画があるほか、タイ国内でも貨物輸送のキャパを広げるような取り組みを行う。空については、ドンムアン、スワンナプーム、プーケット、チェンマイ等の空港にて、航空機をより多く受け入れられるような計画を策定している。日本及び海外からの投資に期待している。 ○今後とも、相互の理解を促進するために、JCCとは引き続き対話を続けて行きたい。 以上

Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
19/F CRC Tower All Seasons Place 87/2 Wireless Road Lumpini Pathumwan Bangkok 10330
Tel : 02-250-0700 Fax : 02-250-0705 Email : info@jcc.or.th Website : www.jcc.or.th
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10 July, 2014
Press release
Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Re: Meeting with Air Chief Marshal Prajin Juntong
1.Mr. Hisamichi Koga, President of the the Japanese Chamber of Commerce, Bangkok (JCC) and the Executive Directors of the JCC, held a meeting with Air Chief Marshal Prajin Juntong, in charge of economy of the National Council for Peace and Order (NCPO) on 9th July, 2014 from 18:00 ? 19:30 at Air Force Headquarters and conveyed our comments as follows; In the meeting with Gen Prayuth held at the end of May, we mentioned about some issues related to the Thai economy including the problems to be solved immediately and to be solved in the medium to long term. We appreciate the achievement by the NCPO’s efforts to solve issues mentioned at last time such as “lifting the curfew”, “Relaxing censorship on mass media” , “Normalizing and accelerating BOI approval of large-scale projects “, “Appointing capable advisors for diplomatic and economic policies ”, “Establishing English website as well as Thai one. “ 2 However, as one of the representatives in the business sector, we request some issues to be made further efforts on for the development of Thai economy in the future. - Steadily implementing the action plan based on the roadmap and schedule to return to democracy with election - Establishing a government in which economic policies will be handled and determined by experts of economy and business - Minimizing intervention in economy and business to necessary measures to stabilize the economy and life of citizens - Introducing well-designed system to promote transparency and efficiency of government procedures including customs and projects to help eliminate corruption, such as disclosing objective criteria of project approval or bidding as well as disclosing results of bidding, abolishing reward system for customs officers about penalty for dissidence of tariff classification or evaluation, etc. - Promoting outward-looking trade policies to take a lead in AEC, RCEP (Regional Comprehensive Economic Partnership among ASEAN + 6 countries which will be negotiated by the end of 2015), Thailand-EU FTA, etc. - Developing hard infrastructure (such as roads, railroads, East-West and Southern Economic Corridors to Myanmar) & soft infrastructure (such as improvement of customs and transportation agreements) to improve connectivity with neighboring countries after necessary review of planning and financing - Steadily implementing water management projects after necessary review of planning 3 - Developing human resources to make Thailand a more advanced hub of this region through education, training and facilitating innovation and R&D - Securing stable energy supply at reasonable prices via efficient channels - Supporting SMEs as important supporting industries in their access to finance, technology and information - Abolishing the restrictions to facilitate the investment for the service sectors; Liberalization of the investment for those sectors step by step, in order to proceed the international competitiveness for Thai economy. - Providing more incentives for those who would establish the Regional Head Quarter, or Regional Operating Headquarter (ROH) in Thailand. In this regards, we highlight the following points: - It is important to recover the democracy and transfer the political power to the civilian government as soon as possible in order to implement these economic policies and recover the confidence from the international community. - We would like to confirm again that Japanese companies in Thailand have been good partners with Thailand for a long time and made commitments in the development of Thai economy. - We hope that NCPO will consider the following points in the process of the policy decision: 1. The transparency in government procedures, 2. The importance of market economy, 3. To strengthen the competitiveness by opening the economy through free trade agreements. (RCEP, AEC, FTAs) 4 2. A.C.M. Prajin responded to our comments as follows: O The 3 stages roadmap by NCPO to return to democracy is going smoothly and now is at the 1st step. O We are well aware that we have to make efforts to realize economic development while maintaining peace and order. We will also try to restore confidence and invite more investment from abroad. O We are well aware of the 3 major issues that JCC raised that are Transparency in government procedure, Importance of market economy and Opening up of economy to strengthen competiveness by RCEP, AEC, FTAs. O We basically understand on the requests by JCC. O For specific requests: ACM Prajin responded as follows: - To Set up 2 Working Group of infrastructure: Transportation and Energy - To Set up Working Group of Water Management - They have the highest priority on the issue of water management. As the previous master plan with 35 thousand million baht did not cover the whole country, they will revise the plan to cover Thailand as whole and implement it accordingly. - As for the transparency of government procedures, they are aware of the issue of reward system for customs officers which may be obstacles for smooth procedure and will try to improve. - As for the respect of market economy, they don’t intend to make unnecessary intervention in market economy and will inform the request to NCPO. 5 - As for the opening of economy, they are well aware of AEC, RCEP and Japan’s role, they have instructed Ministry of Foreign Affairs and Ministry of Commerce to proceed actively about it. They are ready to improve if there is any restriction. - As for the gradual opening up of service market, they are well aware that those industries will be improved by competition which consumers will be benefit. - To set up SME Committee chaired by Gen. Prayuth, NCPO to promote SME. To specify SME as the national agenda, provide financial support, introduce new technology combined with the local ability and promote Thai brand by marketing. - As for ROH, Regional Operating Headquarter, they are aware of the strengths and weaknesses of Thailand as well as those of Singapore. They are ready to listen to opinions of investors to improve business environment to invite more ROH. - As for infrastructure, they are ready to improve all logistics in land, sea, and air. For land transportation, they will improve national roads, dual track railway, and economic corridors from east to west. As for sea transportation, they are planning to establish port at Andaman sea side and expand capacity of cargo in Thailand. As for air transportation, they are going to expand capacity of Donmuang , Suvarnbhumi , Phuket and Chiangmai. They expect the investment from Japan and foreign countries. They hoped to continue dialogue with JCC for better understanding of each other.
ホームページリニューアルのお知らせ
バンコク商工会議所のホームページを全面リニューアルを実施しましたのでお知らせ致します。

当ウェブサイトのWeb会員は、バンコク商工会議所の会員様全ての方が対象です。
Web会員ログイン用の「会員番号」と「パスワード」はメールでお送りします。各企業様ごとに1つの「会員番号」となりますので、「会員番号」と「パスワード」を会社内の皆様にお伝えいただき、社員皆様で広くご利用ください。

今後もさらなる情報の充実と利便性向上のために改善を図ってまいります。
推奨ブラウザ
本ウェブサイトを快適にご利用いただくために、以下のブラウザを推奨いたします。

Windows
    Microsoft Internet Explorer 8
    Firefox 20    Safari 5
    Chrome 27
 
  Mac
    Firefox 21
    Safari 5
    Chrome 27
 
  iPhone (ios 6) Safari
 
  iPad (ios 5) Safari
 
  Android (Android 4.1) Chrome

上記以外のブラウザでもご利用いただけますが、一部の古いブラウザでは異なった表示をしてしまうことがございますので、なるべく新しいバージョンをお使いいただく方がより快適にご利用いただけます。ブラウザのバージョンアップについての情報は各メーカーのウェブサイトをご確認ください。
一覧へ

今後のスケジュール

新入企業

一覧へ
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt (C) 2014 All rights reserved.