会頭からのご挨拶・バンコク日本人商工会議所の歴代会頭一覧・目的と理念

Logo Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
> JP > EN > TH
第7回日系企業就職フェア 出展者募集中
入会案内・申込書
各種変更届
所報 閲覧・ダウンロード
医療共済制度PDFダウンロード
バンコク日本人商工会議所
"60年の歴史と事業活動の紹介"

会頭ご挨拶

president image
第53代   会頭
酒井 宗二

バンコク日本人商工会議所(JCC)は、会員企業数1,748社(2017年4月末現在)を数える世界最大規模の在外日本人商工会議所です。1954年に設立されたJCCは、半世紀以上にわたり日タイ両国間の貿易促進、タイにおける投資環境整備など、経済発展に資する事業のみならず、両国間の文化交流やタイの皆様への教育支援といった社会貢献活動を推進するなど、幅広い活動を展開しています。

さて、皆さまご承知の通り、現在、タイ政府は「タイランド4.0」と名付けた産業の高度化、高付加価値化策に取り組んでいます。具体的には、今後、成長が見込まれる産業10分野を成長エンジンと位置づけ、これらの産業への投資を呼び込むことで、いわゆる「中進国の罠」を抜け出そうとしています。また、タイ東部の3県、東部経済回廊EECと呼ばれる地域においては、これらの産業の誘致とインフラ整備を同時に行うことで、成長を加速させようとしています。

私たち在タイ日系企業各社におきましても、周辺国との厳しい競争を勝ち抜いていくためには、産業の高度化、高付加価値化は不可欠であり、タイ政府が取り組む「タイランド4.0」の方向性とは、まさに同じ想いであるといえるのではないかと思います。本会議所といたしましては、タイ政府の産業振興策に積極的に要望をお伝えし、会員企業が活躍しやすい環境を整えることで、タイ国の発展にも貢献できればと考えております。特にデジタル、メディカルの産業分野、および東部経済回廊EECについては、新たに設置した委員会を通じ、しっかりと対応をしていきたいと思います。

また、2017年は日タイ修好130周年の記念すべき年となります。本会議所は、1月の記者発表において、日タイ修好130周年記念事業として、「つなぐPROJECT」と名付けた社会貢献活動を、今後10年間に1億2千万バーツというかつてない予算規模で、継続的に取り組んでいくことを表明いたしました。本年はその初年度となりますので、従来から実施しております学生への奨学金などの取り組みに加え、「障がい者専門学校への支援」や「アユタヤ日本人村の施設整備」など、新たな社会貢献活動にも取り組む予定です。

これらの活動が、ご参画いただく会員各位のご協力の上に成り立っておりますことは言うまでもありません。各取り組みをより実り多きものとするためには、会員の皆様からの声が不可欠です。事業を営まれている中で、何かお困りのことがございましたら、部会、委員会、各種調査、事務局などを通じまして、ぜひ、忌憚なきご意見をお寄せいただければと思います。

今後とも引き続き、皆様よりの暖かいご支援、および積極的なJCC活動へのご参画を賜りますことをお願い申し上げます。

2017年6月

目的と理念 JCCエンブレムの理念

理 念
日本・タイ両国の友好と発展への寄与
目 的
日本・タイ両国間の商工業および経済全般の促進
会員相互の交流、親睦
会員の商工業活動のための「相談」「援助」及び「便宜」の供与
行動指針
在タイ日系企業の「ビジネス支援」と「タイ社会との融和」をはかるため、各種事業に取り組む
JCCエンブレムの理念
日本、タイ両国の友好と発展を基本理念とし、上段にはタイ国の象徴である仏教寺院を描き、その上に太陽が燦々と降り注ぎタイ国の更なる発展を祈念すると共に、下段には日本、タイ両国の国旗を配し、両国の永遠なる友好を願ってデザインされたものです。

歴代会頭名簿

歴代 氏名 社名 在任期間
初代 塩沢 定雄 東洋綿花 1954年9月~1955年3月
第2代 斎藤 得七 三菱商事 1955年4月~1956年3月
第3代 駒井 長一郎 第一物産 1956年4月~1957年3月
第4代 梅本 雅次郎 伊藤忠商事 1957年4月~1957年7月
第5代 駒井 長一郎 第一物産 1957年7月~1958年3月
第6代 斎藤 得七 三菱商事 1958年4月~1959年10月
第7代 三浦 章武 三菱商事 1959年7月~1961年3月
第8代 岡庭 雅 三井銀行 1961年4月~1962年10月
第9代 青木 梅吉 伊藤忠商事 1962年10月~1964年3月
第10代 郡 健一 三井物産 1964年4月~1967年12月
第11代 林 哲男 三菱商事 1967年12月~1969年5月
第12代 阿部 良夫 三井物産 1969年5月~1971年8月
第13代 山崎 九申 東京銀行 1971年8月~1971年3月
第14代 井川 俊夫 丸紅 1971年4月~1972年3月
第15代 佐藤 庄次郎 三井物産 1972年11月~1974年11月
第16代 三矢 国夫 三菱商事 1974年12月~1976年3月
第17代 辻 真 三井物産 1976年4月~1977年3月
第18代 立花 純次 丸紅 1977年4月~1978年7月
第19代 林 郁也 三菱商事 1978年8月~1979年3月
第20代 園山 裕三 三井物産 1979年4月~1979年6月
第21代 高瀬 長幸 丸紅 1979年7月~1980年3月
第22代 奥住 道次 三菱商事 1980年4月~1981年3月
第23代 和多田 寛 三井物産 1981年4月~1983年3月
第24代 増田 茂 三菱商事 1983年4月~1985年3月
第25代 清峰 太造 三井物産 1985年4月~1987年3月
第26代 古山 晃 三菱商事 1987年4月~1989年12月
第27代 宮田 勝巳 三菱商事 1990年1月~1990年3月
第28代 清峰 太造 三井物産 1990年4月~1990年6月
第29代 松木 弘志 三井物産 1990年6月~1992年4月
第30代 宮田 勝巳 三菱商事 1992年5月~1994年4月
第31代 丸子 博之 三井物産 1994年5月~1996年4月
第32代 浜田 真二 三菱商事 1996年5月~1997年4月
第33代 村松 吉明 トヨタ自動車 1997年5月~1998年4月
第34代 椿 輝夫 丸紅 1998年5月~1999年4月
第35代 家永 公弘 三井物産 1999年5月~2000年4月
第36代 有川 武俊 三菱商事 2000年5月~2001年4月
第37代 森 洸 丸紅 2001年5月~2002年4月
第38代 須藤 裕雄 三井物産 2002年5月~2003年4月
第39代 佐々木 良一 トヨタ自動車 2003年5月~2004年4月
第40代 野 呂 剛 三菱商事 2004年5月~2005年4月
第41代 白﨑憲二 三井物産 2005年5月~2006年4月
第42代 坂野 哲司 丸紅 2006年5月~2007年4月
第43代 園田 光宏 トヨタ自動車 2007年5月~2008年4月
第44代 山辺 福二郎 三菱商事 2008年5月~2009年5月
第45代 實方 洋 丸紅 2009年5月~2010年4月
第46代 溝之上 純一 タイ国三井物産(株) 2010年5月~2011年4月
第47代 棚田 京一 タイ国トヨタ自動車(株) 2011年5月~2012年4月
第48代 古澤 実 三菱商事 2012年5月~2013年4月
第49代 釆野 進 三井物産 2013年5月~2014年4月
第50代 古賀 久三治 丸紅 2014年5月~2015年4月
第51代 村越 晃 三菱商事 2015年5月~2016年4月
第52代 佐藤 真吾 三井物産 2016年5月~2017年4月
第53代 酒井 宗二 丸紅 2017年5月~
バンコク日本人商工会議所 Japanese Chamber of Commerce, Bangkok
Japanese Chamber of Commerce,Bangkok Copyrigt © 2017 All rights reserved.